織部の精神(オリベイズム)―岐阜県の産業・文化再興プロジェクト

 すっかり秋めいてきて、朝晩はずいぶんと冷えるようになってきましたよね。ゆっくりと本を持ってお風呂にはいって、汗をかきかき過ごすのが結構好きなんです、ぼく。で、昨日ひとり読んでいたのがこの、織部に関する本。岐阜県のオリベプロジェクトに関する本で、全体像を把握するのに良いのかな、と思って読んでます。
 色々と評価のあるプロジェクトでしたが、コンセプトや方向感はとってもいい感じだと思うんですけれどもね。

 地域産業のブランドやデザイン力という課題に対しての打ち手、オリベプロジェクトの切り口のオモシろさの一方で、課題はいったいなんだったのか。色々と考えてみたいと思います。