日本で一番中小企業支援の成果が出ている公的産業支援機関のカリスマ・小出宗昭さんが、なぜあそこまで成果をあげることができているのか。弟子からみた「小出論」、第2弾ですー。

名称未設定-1


で、まずは前回の確認。秋元から見たポイント3つは、以下なんですが、今回は2つのコンサルティング力について、フォーカスしてみたいと思います。


【1】コーチング : 相談者が来た時より帰りのほうが元気に
【2】コンサル : コストを掛けず売上げアップをサポート
【3】継続フォロー :まるで歯医者さんが次の予約を取るように


小出さんの個別相談の醍醐味のひとつは、やはり、コンサルティング力ですよね。

一見地味で特徴がなさそうな小規模事業者も、小出さんとの個別相談を通じて相談者本人も気がついていない「真のセールスポイント」が、ぐっと引き出され、そしてその「売り」を適切なターゲットに対して、情報発信しし、売上につなげていく。

その具体策を提案し、実際の実施までサポートしているところがf-Bizそして小出さんの凄さなんだと思います。

で、ででで、売上アップはどうしたらよいか?
って、いうと、小出さんがようおっしゃる「売りあげを上げる方法」は


 1)販路開拓
 2)新商品・新サービス開発
 3)新分野進出


という三点。では、でこれをどう実現するか、がまぁ一番の問題なわけで。
で、アキモトから見た時の小出流のポイントは 【 3+1 】の観点。


 1)真のセールスポイントに気付く
   ーすべての企業にセールスポイントがあるはず、だって今お客いるんだから
   ー業界の常識、いつもの目線じゃ気付けないことがある
   ー対話を通じて、そこをぐっと見抜き指摘していく
 2)ターゲットをしぼる
   ーだれもが支持する商品・サービスなんてもうない
   ー具体的なターゲットや利用シーンを想定していく
   ー社会のトレンドをきっちりと捉まえる
 3)連携する、つながる
   ー1社じゃ駄目でも、2、3社で連携し、つながりの中で強みを強化し展開

     +

 4)情報・自社のセールスポイントを発信する
   ーどんなにいいものを作っていても、知ってもらわなきゃ意味が無い


でもって、対象とするのは、小規模事業者の方々が多いので、「人も、金も、余裕もない」って方々。としたときに、いかにコストをかけずに新たな試行錯誤を提案するか。

そこで、ビジネスブログやプレスリリース、無料のWEBサービスやSNSなどをうまく活用して、コストをできるだけかけずに情報発信を進めていくということをサポートされていく。

で、でこのサポートが手厚くきめ細やかなんですね。
このサポートのポイントは、次回のブログで。


じゃ、「真のセールスポイント」を見抜き「トレンドをとらまえて、ターゲットをぐっと絞って」事業展開をどうしていくのか?そのちからはどうつけるのか。そのあたりは、またこのブログの「小出論」のなかで、書いてみたいと思います。


 というわけで、弟子から見た小出論第2弾でした。
 このブログで、中小企業支援のことまだまだ書きますよん。

 ぼくのやってるOKa-Biz・岡ビジネスサポートセンターのサイトはこちら。
 岡市内の方だけでなく、市外の方々の個別相談も大歓迎。
 ものづくり企業から小売・サービス業、農業者やNPOなど、幅広く売上アップをサポートさせていただきます。
 http://www.oka-biz.net


 ではでは。



----NPO法人G-netとは------------------------
【地場産業】の「社外人事部・経営戦略室」に。
意欲ある【若者】の、挑戦の伴走者に
【大学】の実践教育を加速させるパートナーに
-----------------------------------------------------
▼カッコいい地場産業での長期実践型インターン【日本一】
ホンキ系インターン http://www.honki-i.net
東海圏以外からの方専用サイト http://www.honki-i.net/welcometoGifu
▼誰も知らないかもしれない、でも魅力的な会社探し
若者が選ぶ岐阜の中小企業100選 http://100sen-company.net
-----------------------------------------------------
※本ブログの内容は私個人の見解であり、所属団体を代表するものではありません。