日本の長期実践型インターンシップの草分けであり、社会起業家(ソーシャル・アントレプレナー)育成の第一人者である、NPO法人ETIC.(エティック)が今年で設立20周年を迎えるんです。で、今日4月20日は、ETIC.設立20周年記念式典が開催されるんです。

 ということで簡単ながらアキモトからのETIC.20周年へのメッセージを。

ETIC.と関わって良かったこと…んー、言えない。
色々と考えてみたんですが「これが良かった」とは言えないほど、良かったことばかり。ETIC.との出会いなくして、今の秋元祥治もG-netも、あるいはOKa-Bizでの取り組みもありえないと思うのです。在学中の21歳の時に事業を始め、24歳の時にチャレンジ・コミュニティ・プロジェクト(チャレコミ)の第1期・最年少CPとして採択いただいたのがETIC.との本格的な出会いでした。ちょうど深くご縁を頂き10年、改めて振り返ってみても、やはり「これが良かった」って切り分けては言い表せないほど、とても大きな影響を頂きました。
ETIC.は、僕にとって師匠であり、兄貴分であり、そして友でもあり。つながりであり、励ましの場であり、目線をあげる場であり、問われる場であり、自身の鏡であり。

0427- 029 のコピー
キャッチボールに興じる宮城さん(お宝写真w)

ETIC.との面白かった、辛かったエピソード
学び深く得難く、そして面白かったといえるのは2008年4月に宮城さん・山内さんと3人で3週間ちょっとアメリカを旅させていただいたこと。米国国務省のinternational visitor leadership programで、5都市45組の社会起業家や支援機関などとの意見交換のチャンスを頂きました。
DSC00922 のコピー
10年前、2004年6月のチャレコミ第1回ギャザリング風景
この機会の得難さとともに、お二方と文字通り「寝食を共にする」中でぐっと胸襟を開いた時間を過ごせたことが印象深いです。宮城さんの食生活やプライベートな素顔、山内さんのタバコ依存と、目覚めぬ眠りの深さなどまさに「文字にはできない」こともいっぱい。
0426- 008 のコピー
ミシガン州カラマズーでおじゃましたお宅で、犬と戯れる山内さん

辛かったと今振り返って感じることは、、、特にないです。チャレコミギャザリングで川北さんや治江さんにビシビシご指摘を頂いたことや、プログラム予定時間はお構いなく「関所通過が必須」と深夜(いや早朝まで)まで続いたプランのブラッシュアップなど、その時その時は厳しくキツいことはたくさんありましたが振り返れば素晴らしい機会でした。そして、チャレコミ1,2年目は担当を頂いた山内氏さんとは、毎週1度は岐阜か東京でお会いして、グッと議論を詰めていく…そんな時期は確かにキツいと感じることもありましたが、やはりとても有意義でした。

ETIC.から、学んだこと
事業の組み立て方や描くビジョンの高さ大きさ、仕事への思想・姿勢、学びや刺激を与えてくださる師匠・兄貴分との出会いの機会、全国各地で悪戦苦闘しながら同じような思いで事業に取り組む仲間たちとのつながり、自身に向き合う問いや機会。そして、全てのできごとは結果ではなく過程であるということ。ちょっと書き出してみましたが、具体的に書き出すと収集もつきそうもありません、
本当に多くの学びを頂いていますが、ミッションへ真摯で徹底した姿、はなによりいつも感じさせて頂いています。

GEDC0110 のコピー
2008年4月 山内さん念願のヤンキースタジアム(旧)で

20周年という節目に心からお喜びとお礼を岐阜から大きな声で申し上げます。
そしてこれからもよろしくお願いします!

(本当はもっと出せない写真もいーっぱいですけれどw)

ではでは。

----NPO法人G-netとは------------------------
【地場産業】の「社外人事部・経営戦略室」に。
意欲ある【若者】の、挑戦の伴走者に
【大学】の実践教育を加速させるパートナーに
-----------------------------------------------------
▼カッコいい地場産業での長期実践型インターン【日本一】
ホンキ系インターン http://www.honki-i.net
東海圏以外からの方専用サイト http://www.honki-i.net/welcometoGifu
▼誰も知らないかもしれない、でも魅力的な会社探し
若者が選ぶ岐阜の中小企業100選 http://100sen-company.net
-----------------------------------------------------
※本ブログの内容は私個人の見解であり、所属団体を代表するものではありません。