昨日の午後は、中日新聞さんのご取材。29日に掲載される「若者論」みたいな記事なるみたい。
色々とはなししたのですが、紙面の都合でどれくらい掲載されるのか。取材の中でお話したことの一つが、これ。

挑戦を応援する社会は、失敗尊重社会であるべきだ。

地域を元気にしていくために、チャレンジをしていくひとをどう増やすかが、大事だと思うのです。
で、チャレンジを応援する社会とは、裏返せば失敗を尊重する社会だと思うのです。
リスクを取ってチャレンジをして成功するならそれはそれで良いこと。でも、それで失敗をした人がめちゃくちゃ非難されたりっておかしな話。リスクを取らず安全なところにいる人が「そら、みたことか」「だから、ダメなんだ」といっていて、そのほうが得をするなんておかしな話。
だからこそ、失敗を尊重する社会であるべきだと思うのです。

結果だけを切り取るのでなく、経過と捉えるべきだ

もちろん、その失敗の瞬間だけを切り取れば、それは結果なわけだけれど。
けれど、それも長い時間軸の中で考えれば、経過でしか無いはず。
日本では事業に失敗した人の再起は難しいけれど、アメリカでは失敗の経験はその後に活かされる、と必ずしもネガティブに捉えられるわけではないという。

すべての出来事は結果ではなく、経過だもの。
暖かく見守り育てる、そんな姿勢が周りに求められるのでは、と思います。

2014-06-25-16-35-32


ではでは。

----NPO法人G-netとは------------------------
【地場産業】の「社外人事部・経営戦略室」に。
意欲ある【若者】の、挑戦の伴走者に
【大学】の実践教育を加速させるパートナーに
-----------------------------------------------------
▼カッコいい地場産業での長期実践型インターン【日本一】
ホンキ系インターン http://www.honki-i.net
東海圏以外からの方専用サイト http://www.honki-i.net/welcometoGifu
▼誰も知らないかもしれない、でも魅力的な会社探し
若者が選ぶ岐阜の中小企業100選 http://100sen-company.net
-----------------------------------------------------
※本ブログの内容は私個人の見解であり、所属団体を代表するものではありません。