サッカーJ2・FC岐阜の前社長の恩田聖敬氏が難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)への罹患を発表して1年あまり。
恩田氏は就任当時J1・J2を通じて最年少社長として、そして経営難にあえぐFC岐阜の立て直しを柵された存在として注目を集めました。ラモス瑠偉監督はじめ川口能活選手や三都主選手の就任でもニュースとなりました。これまで筆者も何度も取り上げてきました。

FC岐阜に、J1・2最年少社長(35)が就任! (2014/2/25)http://bylines.news.yahoo.co.jp/akimotoshoji/20140425-00034785/

【世界ALSデー】FC岐阜・恩田聖敬社長が語る「ALSとサッカー、家族とこれから」(2015/6/21)http://bylines.news.yahoo.co.jp/akimotoshoji/20150621-00046864/

昨年11月にホーム最終戦の場で社長退任が発表され、その後あまり動静が伝えられることのなかった恩田氏。今月13日にブログを開設し、毎日のように日々のALS罹患後の日常や、自身の思いを綴っています。率直なメッセージが大きく反響を呼び、地元で一面トップで特集され、開設2週間に満たない一昨日には、1日に26,000PVを越える閲覧が寄せられています。
早速、恩田氏にブログ開設に至った思いや背景、今後の展開などについて伺いました。
S__26017795

ブログを愛用のiPadで入力する、恩田氏。いくらか動く手で、iPadと無線接続される特殊なマウスのボタンを操作し記入。自動的に動くカーソルをタイミングを合わせてクリックするこの装置は、国立情報学研究所から貸与されたものとのこと。器用に記事を書く恩田氏だが、1記事あたり2−3時間程度の時間を要するとのこと。

35
片道切符社長のその後の目的地は?ALSと共に生きる恩田聖敬のブログhttp://blog.livedoor.jp/onda0510/


これまで、ブログやSNSといったものは使用したことがなかったという恩田氏。あえて今、ブログを始めた意図を尋ねると「年末年始の久しぶりの長い休みの間、今後の事を考えた結果、やはり家に閉じこもっているのは私の性に合わず、ちゃんと社会と繋がりながら生きて行きたいと思いました。そこで、社会と繋がる1つの方法として、ブログを始めました。」との返答。
ブログ記事の中でも以下のように書いてます。
自分が元気でいることを知って欲しい。社会とつながっていたい。何か人の役に立ちたい。そんな思いから、自分の現況や経験、考えを発信することに至りました。alsになっても私は私。社長を辞めても私は私。何も変わりません。
自分の考えを書いていくにはもうひとつ理由があります。自分の子供のためです。
自分の子供たちも大きくなったら、これを読む事で、パパの生き様を伝える助けにもなれば書いていく意味があると思います。

岐阜市内で一緒に暮らす七歳の長女と四歳の長男に「大きくなったら読んでほしい」という願いもこめた。社長就以降何度も利用をすすめられたが、実はこれまで気持ちがあまり乗らず、SNSを使用してこなかったという恩田氏。しかし、開設2週間弱の現在、大きな手応えを感じている様子。「開設1週間で1万人近くがご覧になり、1月24日には1日で26000PVを越えました。懐かしい人からのコメントも頂きました。想像以上の反響に驚きましたが、素直に嬉しく思います。今の自分の状態でもブログを通してコミュニケーション出来る事が実感できました」と。
当初は、週に2〜3回は更新をしたいと発言していましたが、現在開設13日のうち9回記事はアップされており、楽しんで記事を書き込んでいるようです。

そして、恩田氏の記した18日のブログは大きな反響をうんだ。

想像してみて下さい
ある日突然、手も足も頭も動かせず、話すことも出来なくなる自分を

想像してみて下さい
どれだけ頭が痒くても、じっと耐えるしかないやるせなさを

想像してみて下さい
鼻水も汗も唾液も、拭えず、垂れ流すしかない情けなさを

想像してみて下さい
どれだけトイレに行きたくても、自分でズボンをおろせない惨めさを

想像してみて下さい
自分の子供を抱きしめることさえ出来ない哀しみを

想像してみて下さい
好きな人が隣にいても、口説き文句も言えず、指一本触れられない切なさを


alsとは、こんな病気です。
しかし、私は絶望していません。知覚、思考は奪われてないからです。

ブログを始めてまだ一週間足らずですが、有り難いことに、5000人近い方に読んで頂いております。その中で、メッセージやコメントも頂戴しました。懐かしい人からのメッセージもありました。こんな状態でも、レスポンスを頂き、コミュニケーションが取れるのは、私にとって大きな希望です。
同時に始めた、フェイスブックとツイッターでは、新たな出会いが生まれています。動けなくても、自分の世界を広げていけることを実感しています。


今後はについては「今後も自分の思いや経験を発信して、ブログでの出会いが、リアルでの出会いに繋がっていけば自分の世界も広がるし、何か社会の役に立てるのではないかと思っています」とのこと。すでに、アゴラへの記事転載がスタートしており、今後も情報発信の幅を広げていきたいとのこと。4月でFC岐阜の取締役は退任の意向を表明しているが、その後の情報発信や恩田氏の展開引き続き注目だ。

恩田聖敬氏 SNSアカウント
ブログ http://blog.livedoor.jp/onda0510/
Twitter https://twitter.com/onda_satoshi
Facebook https://www.facebook.com/onda0510

秋元祥治
NPO法人G-net代表理事・滋賀大学客員准教授・OKa-Bizセンター長

ではでは。

ツイッター、フォローして下さい akimoto_gifu

----NPO法人G-netとは------------------------
【地場産業】の「社外人事部・経営戦略室」に。
意欲ある【若者】の、挑戦の伴走者に
【大学】の実践教育を加速させるパートナーに
-----------------------------------------------------
▼カッコいい地場産業での長期実践型インターン【日本一】
ホンキ系インターン http://www.honki-i.net
東海圏以外からの方専用サイト http://www.honki-i.net/welcometoGifu
▼誰も知らないかもしれない、でも魅力的な会社探し
若者が選ぶ岐阜の中小企業100選 http://100sen-company.net
-----------------------------------------------------
※本ブログの内容は私個人の見解であり、所属団体を代表するものではありません。