昨日は午後から堀田駅(名古屋市)にある、ブラザーコミュニケーションスペースへ。
名古屋を代表する会社の1つ、ブラザー工業さんの創業100周年記念事業としてはじまり、今年10年目を迎える「東海若手起業塾」の情報発信の一貫で行われた座談会のコメンテーター役で。

image


介護予防にに取り組む、簗瀬 寛 さん(株式会社GOBOU)と、障がいを持つ人の運転支援を通じた社会復帰に取り組む中島 淳 さん(ライズペーパードライバーズクラブ)との対談でした。あらためて振り返る良い機会になりましたー。

東海若手起業塾というのは…

東海若手起業塾は、地域の課題解決や地域資源の有効活用を通じて、東海地域を活性化したいと考えている若手起業家を対象に、ビジネスモデルや事業戦略の質を高め、事業を成長軌道に乗せていくための支援を行うプログラムです。2008年より開始した本塾は、 9年間を通してこれまでに41名の起業家に合わせたサポートを実施することで 持続可能な事業運営に向けてそれぞれのステージにあった成果を残しました。起業家の中からは、農商工連携による新商品発売を実現した起業家や、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞した起業家などが生まれました。
第10期を迎えた今期は、東海若手起業塾実行委員会の持つ東海・全国での ネットワークやこれまでの9年間で培った支援ノウハウを最大限に活用し、 若手起業家と一緒に地域から真に必要とされるビジネスを展開することで、 東海地域の更なる発展を目指します。
(東海若手起業塾・オフィシャルサイトより)

というものw

10期目の公募なう、です。詳細は、以下から。
http://www.tokai-entre.jp/entry/bosyu/

【対象となる若手起業家】
「事業を本格的な成長軌道に乗せたい」という情熱を持つ若手起業家
「社会課題の解決や地域資源の有効活用を通じて、東海地方を盛り上げたい」という志を持った若手起業家
【エントリー期間】
平成29年4月10日(月)〜6月2日(金)
【募集定員】
3組程度
【選考方法】
書類およびプレゼンテーションによる選考
【募集説明会】
本プログラムに応募するには「募集説明会」か「個別相談会」への参加が必須となります。


こちらは、売上を上げたいとかっていうよりも、社会課題解決を目的にした事業(ま、ソーシャルビジネスといってもよいかもですね)の事業計画を根本から見直したり、何のためにその事業を行うのか…といった理念や目的を、メンターと共に深掘りする機会、という感じですね。

G-netもスタートから実行委員会の末席に加えていただいて、10年目。
ちょうど節目ということもあり、秋元がG-netを代表して実行委員会に理事としても参画をしていましたが、南田くん(G-net 共同代表理事)にバトンタッチしました。

というわけで、ご関心ある方々ぜひご参画をー。

秋元祥治
NPO法人G-net代表理事・滋賀大学客員准教授・OKa-Bizセンター長

ではでは。

ツイッター、フォローして下さい akimoto_gifu

----NPO法人G-netとは------------------------
【地場産業】の「社外人事部・経営戦略室」に。
意欲ある【若者】の、挑戦の伴走者に
【大学】の実践教育を加速させるパートナーに
-----------------------------------------------------
▼カッコいい地場産業での長期実践型インターン【日本一】
ホンキ系インターン http://www.honki-i.net
東海圏以外からの方専用サイト http://www.honki-i.net/welcometoGifu
▼誰も知らないかもしれない、でも魅力的な会社探し
若者が選ぶ岐阜の中小企業100選 http://100sen-company.net
-----------------------------------------------------
※本ブログの内容は私個人の見解であり、所属団体を代表するものではありません。