昨年2月にOKa-Bizに初めてお越しになったのは、アジアクリエイトの佐藤社長。もともと、産業用機会の製造を行う会社で(いや、もちろん今もなのですが)、そうしたなかで労働災害を体感する装置を開発し、販売だけでなく、研修センターを開設し、研修の受け入れを行っておる事業所さんなんです。
労働災害…って、例えば色々な工場現場で起きる事故のことですよね。機械で指を切断しちゃうとか、腕を巻き込まれてしまうとか…あるいは挟まれてしまうとか…こうやって書いているだけでも、想像して痛くなっちゃうやつですよ、ホント。。。
こうした労働災害に関する体験・研修施設は、大きな企業だと社内向けに整備していたり、周囲に公開したりしているケースも有るのですが、アジアクリエイトさんのような中小企業で保持しているケースは非常に珍しいとのこと。
1年ほど前にサポートさせていただいた際には「建設現場・工務店」といった業界に特化した研修プログラムを作り込み、新サービスとしての展開をすすめたんです。

52


 
建設業向けに安全体感装置 アジアクリエイト
アジアクリエイト蝓憤γ痢λ川市、佐藤邦男代表取締役社長)は、建設業界の安全教育をサポートするため、建設現場で目立つ労働災害を疑似体験できる安全体感装置の提供サービスを開始した。
 目玉となるのは、死亡災害でワーストワンになっている墜落・転落災害の危険を体感できる装置。「高所作業安全体感装置」や「階段歩行安全体感装置」などがある。同社の「安全体感研修センター」での体験教育だけでなく、指導員が装置とともに現地に赴くサービスも受けることが可能だ。
 (2016.07.03/労働新聞社)


そして、1年経って数日前の中部経済新聞にはドーンとこの記事。
ぐっと広がる需要に対応すべく、設備を拡張するとのとのこと。
ということで、この記事をめにして気になったので近況を電話でお伺いしてみると…

19656918_1089259534539736_3813028439316476773_n


この1年を振り返っていただくと、OKa-Bizでのサポートは非常に参考になったということで、研修も建設業界の方が増えているとのこと。実際に、装置の販売(売り切りってことですね)も伸びているしここ1年で研修の受講は飛躍的に拡大しているとのこと。売上も上がっているとのことですよー。

お越しになった段階では、主たる来訪者は製造業関連の方々でした。ただ、じっくりとお伺いしていく中で、アジアクリエイトさんで体験できる労災体感装置のなかには、高所からの転落や階段でのスリップ、脚立グラつきの体感や、また各種機器の誤操作を体感できる…など高所作業のある建設業者の方々にも対応できるものもあったんです…が、しかし気づかれていなかった。
そこで、ターゲットを絞ったプログラムを開発することで、新規の顧客開拓につなげる展開をサポートさせていただきました。

42

アジアクリエイト
WEBhttp://asia-create.jp


実際に相談におこしになり、サポートをつうじて事業成果に繋がるのは本当に我が事にように嬉しいですよね。今日のOKa-Bizは、相談15件とともに、百貨店のバイヤーさんをむかえ7件の地域の中小事業者さんとのビジネスマッチング。また新たな成果につながれば、と思います。


秋元 祥治

▼岡崎ビジネスサポートセンター・OKa-Biz センター長
  岡崎市康生通西4-71 りぶら2F http://www.oka-biz.net
----
ツイッター、フォローして下さい akimoto_gifu
----
▼NPO法人G-net 理事(創業者)
  岐阜市吉野町6-2 ブラザービル2F http://www.gifist.net
▼内閣府 地域活性化伝道師/岐阜大非常勤講師
  早稲田大社会連携研究所招聘研究員
  慶應義塾大学SFC研究所所員
-----------------------------------------------------
※本ブログの内容は私個人の見解であり、所属団体を代表するものではありません。