岡崎を代表するフリーペーパー「リバ!」でOKa-Bizの連載をこっそり始めています。4月からw今月から新発売となった、日本一高級で、こだわりの国産手持ち花火「花火十二単」(佐野花火店)について、記事を書いたのでご紹介w
あ、そして、今朝の中日新聞朝刊にもドーンと掲載いただいています。
IMG_1930


岡崎の地場産業・花火の新商品
新たなニーズに応える消費開発をサポート


岡崎の地場産業の一つが、花火です。一説によると、1613年イギリス国王使節のジョン・セーリスが徳川家康に花火を披露したのが、花火の起源。(花火は竹から火柱が吹き出すタイプで「手筒花火」の起源になった)その後平和な江戸時代に、鉄砲火薬の平和利用として、三河花火が人気を集めたんですよね。
今回は、花火の卸・販売を行う佐野花火店(岡崎市柱町)のお話。圧倒的に安い中国製の台頭で低価格化が進む一方、公園などでの花火規制も進みいかに売上を上げていくか…とのことでOKa-Bizに相談にお越しになりました。
店開き1

初回のご相談1時間、まずはじっくりとお話を聞かせてもらいました。(オカビズでは、じっくりとお話をお伺いすることを大事にします…本人の気づいていない真のセールスポイントを探るのです)
じっくりとお話をお伺いする中でわかってきたのは、産地・三河ならではの高い技術で生産される国産花火の存在。1本のおもちゃ花火、中国製だと10秒程度しか遊べないところ、150秒・噴出時間は15倍の「八千代」や、一本で20色と日本一色変化を楽しめる「変化花」など、すごい花火があるのです。
一方、ホームセンターなどで売られるおもちゃ花火の大半は中国製で、薄利な安売り競争に陥っているとのことでした。
そこでOKa-Bizがご提案したのは、最上級品のこだわった国産花火キット。近年のグランピングや高級旅館ブームと言ったトレンド、また桐箱入の高級国産線香花火が市場で好評なことを背景にご提案をしました。その後は、OKa-Bizデザインアドバイザー・稲波も一緒になり、新商品開発をサポートさせていただきました。
35058193_1723037894489840_6581059816498659328_n


最高級の花火セット「花火十二単」(1万円)の誕生です。名古屋市内のインテリアショップや同店などで購入できます。日本でもっとも高級でこだわった花火セットとして、今後高級ホテルなどへの販路開拓もサポートしていきます。

佐野花火店
http://sanohanabiten.com
〒444-0834 愛知県岡崎市柱町福部池8番地
TEL:0564-51-4382
FAX:0564-54-0835

-------------------------------------------------------------------------------
初のビジネス書「20代に伝えたい50のこと」上梓しました
ダイヤモンド社・1,300円 http://amzn.asia/1AE0eGY
-------------------------------------------------------------------------------

秋元 祥治

▼岡崎ビジネスサポートセンター・OKa-Biz センター長
  岡崎市康生通西4-71 りぶら2F http://www.oka-biz.net
----
ツイッター、フォローして下さい akimoto_gifu
----
▼NPO法人G-net 理事(創業者)
  岐阜市吉野町6-2 ブラザービル2F http://www.gifist.net
▼内閣府 地域活性化伝道師/岐阜大非常勤講師
  早稲田大社会連携研究所招聘研究員
  慶應義塾大学SFC研究所所員
-----------------------------------------------------
※本ブログの内容は私個人の見解であり、所属団体を代表するものではありません。